名だたる名湯がひしめく、日本一の温泉都市

別府、湯布院と言えば多くの人は温泉を思い浮かべるかと思いますが、これらはいずれも大分にある温泉地です。源泉の数は4,000を越え、湧出量とともに日本一です。温泉の多くは火山性の温泉であり、県内のほぼ全域で温泉が湧出する事が確認されています。また、環境省が定める、国民保養温泉地(温泉利用の効果が十分期待され、かつ、健全な保養地として活用される温泉地)に指定される温泉地も数多く存在します。

泉質においては、多種多様で、10種ある療養泉(治療の目的に供しうるもの)のうち、含よう素泉、放射能泉以外の8種類の温泉が湧出しています。湧出量も非常に多く、街の至るところで、立ち上る湯けむりを目にすることができます。

江戸時代の開湯以来、人々に親しまれてきた、大自然と調和した温泉地。風情溢れる和の趣とおもてなしの宿は、日常の喧騒を忘れさせてくれます。渓谷の狭間に広がる緑豊かな森の中、谷奥の閑静な環境は、川辺の露天風呂、渓流のせせらぎ、カジカの鳴き声など自然を思う存分満喫することができます。また、ロケーションを存分に活かしたアクティビティも充実しており、テニス、ゴルフ、乗馬、カヌー、スキーなどリゾート地としてのニーズにも応える温泉です。

四季折々の景観と併せて、新鮮で旬な素材を使用した料理を楽しむことができ、各地からこぞって美食家が訪れます。大分ならではの四季と大自然は心身の安らぎと健康を増進し、人々の心を魅了して離しません。

関連記事

  1. 静かな佇まいと雄大な自然が魅力の、風流な温泉地

  2. 温泉の歴史を刻み続ける、近畿地方随一の温泉地

  3. 名だたる名湯がひしめく、日本屈指の温泉都市

  4. 解放感あふれる露天風呂の魅力が満載の温泉街

  5. 解放感あふれる露天風呂の魅力が満載の温泉