CSSの独自デザイン編集も楽々「カスタムCSS」

テーマのアップデートによって、せっかく上書きしたCSSがもとに戻ってしまうことがあります。
しかし当テーマで搭載しているカスタムCSSに記述しておけば、自動的に記憶してくれますので、テーマのアップデートを行っても追記が損なわれることはありません。

これによりCSSの編集に関しては子テーマの導入が必要なくなります。
tcd6

関連記事

  1. 究極の女性らしさを体現!洗練された高級感と美しさのWordP…

  2. おしゃれな無料のロゴをダウンロードできるサイト「ロゴマルシェ…

  3. Facebook OGPやTwitter Cardsに対応

  4. イメージ画像のキャプション表示テスト

  5. 海外版WordPressにも対応

  6. 用途に応じてレスポンシブ対応をオフにすることも可能

  7. ロード画面の設定が可能となりました。

  8. デザイン知識不要!いつもの記事をワンランクアップするクイック…

  9. 究極的に実用性を重視した「フッターバー」が電話予約や記事の拡…

  10. 高度な広告管理機能を搭載。広告のランダム表示やショートコード…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。