CSSの独自デザイン編集も楽々「カスタムCSS」

テーマのアップデートによって、せっかく上書きしたCSSがもとに戻ってしまうことがあります。
しかし当テーマで搭載しているカスタムCSSに記述しておけば、自動的に記憶してくれますので、テーマのアップデートを行っても追記が損なわれることはありません。

これによりCSSの編集に関しては子テーマの導入が必要なくなります。
tcd6

関連記事

  1. ワンランク上の検索機能を備えた「Googleカスタム検索」を簡単にウィ…

  2. ユーザープロフィールを表示するオリジナルウィジェット

  3. スマホ専用のウィジェット配置が可能

  4. 複数のフォントタイプやサイズをテーマオプションから詳細に設定可能

  5. パーソナル・ブランド創造に特化したスペシャリストのためのWordPre…

  6. 飛躍的に活用幅を広げるダブルヘッダーメニュー

  7. テーマオプションやウィジェット設定、コンテンツの注力で一流サイトが出来…

  8. 用途に応じてレスポンシブ対応をオフにすることも可能

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

SPECIAL POSTS

  1. BUDDHISM

    【新機能】セミナー集客ページやメルマガ登録ページ…
  2. ASCENSION

    【新機能】会員限定コンテンツを配信することができ…
  3. ASCENSION

    用途に応じてレスポンシブ対応をオフにすることも可…
  4. ASCENSION

    ドラッグ&ドロップで簡単にデザインされ…
人気記事 注目記事

ARCHIVES